戯れルシカ

ももクロ(黄)中心にモーニング娘。、Juice=Juice他について戯言

今はなき顔なき古参。彼らの影を未だ追う(現モノノフが古参から学べること)

f:id:KEN_T:20170808154242j:plain

僕がファンになったのは2011年頃。その頃のももクロはファンの急激な拡大化に伴って、いくらかの旧来のアイドルヲタク*1ももクロから離れて行きました。ですが新規にやさしく、現場環境を自分らで良くするような古参のファンがまだ多くいた頃でもありました。

そのころファンになった僕らは、メンバーのライブパフォーマンスに魅了されていた一方で、伝聞で耳にする彼らの美談にも心を掴まれていました。

「まわりまわってももクロのためになるなら」と、終演後の開場を清掃して帰ったりは当たり前。 彼らはかっこうよかった。行動で示す彼らに対して僕は今でも誇りに思っています。

ファンとしても鏡。人としても鏡。

*1:無銭か低価格のコストの低い現場、または接触現場を回す生粋のDD気質のひとたち。純粋に可愛い若いアイドルを発掘しているイメージ。最近見なくなったため古いタイプとしてみたが、今も同じようにやってるんだろうか

続きを読む

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017のPerfumeダメすぎ

タイトル通りなんだが、Perfumeがダメすぎた。

ロッキンでやる必要ある?

言いたいことはこれ↑です。

緻密に調整をしながらMIKIKOさんや真鍋大度さんがPerfumeの世界観を作る演出をしていて、それが世界的にも評価されているのでしょう。

ですが今回の「ロッキンのお客さんのために何かして喜ばそう」と準備してきたことをひとつも感じないパフォーマンスをみせられて客は喜ぶんでしょうか。

続きを読む

ももクロのROCK IN JAPAN FESTIVAL2017 あるノフの戦い

f:id:KEN_T:20170808154242j:plain

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017(以下、ロッキン)にももクロの応援で参加しました。

rijfes.jp

タイトルの「あるノフ」というのは僕だったり、僕の周りのノフ数人をさします。

戦いの成果は大大大大大勝利でした。

この感激を残すべく、ライブ前から終わりまでを自分向けの備忘録として記録します。読んでもらっても問題ないようにもできるだけ丁寧に記載します。

それでは〜

続きを読む

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 意気込み

f:id:KEN_T:20170808154242j:plain

rijfes.jp

我がももクロは、これまでサマソニや毎年お世話になってる氣志團万博などに参戦してきました。そして今年はROCK IN JAPAN FESTIVAL(以下、ロッキン)への初参戦が発表されました。一番大きなステージということでおじさんのプライドは保たれましたw

ロッキンへは数年前までは何年か参加していました。だけどもひたちなかって場所は遠いし、人多いし、ステージ間の移動が疲れるしで足が遠のいていた、ロッキンおよび他のフェス。行くのは唯一地元千葉開催で、ももクロが呼ばれ、オーガナイザーの氣志團のホスピタリティにもあふれ、出演者には新旧交えた一線級が揃う氣志團万博だけと決めていました。

アイドル枠を増やしROCKとはなんぞやと言われつつ、音楽のFESTIVALとして大衆化し日程拡大まで遂げたロッキンに初参戦となれば話は別。遠くとも馳せ参じますとも御家人….モノノフですから。(いざ鎌倉)

久しぶりのアウェー戦

音楽のフェスとして大衆化したロッキンですから、音楽的雑食が多いかといえば案外そうではなく。音楽界の美味しい上澄みだけをいただく一般人が多い印象があります。「ライブハウスは行ったことないけどロッキンジャパンは行きます」みたいな。

アイドルにとってロックフェスはアウェーと言われるが、ももクロにいたってはプロレスファンなどにはじまりロックファンを取り込んで大きくなったくらいで、むしろ戦いなれた場ともいえます。案外ロックファンのほうが器は広くて、アイドルだろうがいいものがあるなら聴くよ?と準備ができている人たちだったりします。

なのでももクロの敵は?と言われるならば、アイドルに偏見ある一般人でしょうか。まあそういう人たちは別のステージに行ってるんでしょうね。見るモノなくてテントエリアで休んでたら、ももクロがはじまって「ヲタクがキモカッタドュヒュヒュwww」ってTwitterで言うケースくらいかな。加えてはじめっから「キモヲタ観察しよ~www」って人らかな。

他バンドよりはテレビ出てるももクロをちょっと見たいという一般人も多そう。彼らの心をつかめたらと思うが、ヲタの盛り上がりに拒否反応示す人は示すでしょうね。

そう言えばグラスステージって入場規制ありますっけ?ちょっと見てみようかなって人が多くてパンパンになる可能性結構高いのかなって思ってきた。…いや、案外世の中的には「最近ももクロ見ないよね」で、そんなことないのかな?

www.youtube.com

ってことで意気込み

アイドルやヲタに拒否反応を示す人はどう頑張っても示しますからね、「何かわかんないけどももクロ凄かった!」ってインパクトを残せるよう、ぶち上がって盛り上がりたいなと思います。

それで興味を持ってくれるかもしれないし、そこまでじゃなくてもこの先たまたま触れる機会があった時には「ももクロあんの?じゃあ見ようかな」って目を向けてくれるようになるかもしれないし。

なんで僕らが頑張るって?僕らがいいと思ってくれるものを知ってもらいたいんや!

久々のド・アウェー!気合入りますっっっ!!「そんなにファンが盛り上がっちゃうももクロって凄いんだな」って思わせられるように頑張ります!楽しみます!

マイタイムテーブル

ももクロ以外は、チームしゃちほこの応援して、Perfumeサカナクションが観れれば満足かな。

次に観たいのはももクロと時間被りまくりで残念。

適当に聴いたバンドとの新しい出会いがあるといいけど、そんなことしないでどっかにとどまってまったりしてそうな気もする。


(ひとこと)

いまだバカ騒ぎのブログ書いてる途中です。それを出さずに次のロッキン意気込み投稿。記事が貯まり始めました…。OH…!!

BLAST!【初回限定盤A】

BLAST!【初回限定盤A】

BLAST!【初回限定盤B】

BLAST!【初回限定盤B】

DECORATION をより楽しく!!フリコピのススメ

www.youtube.com

ここずっとバカ騒ぎへ向けてDECORATIONのフリコピ練習してました。 ライブへ向けてモチベーションが上がるのと、出来るようになっていく感覚が部活みたいで楽しいです。やってる期間はそればかりになるので時間がもったいない気もしますが、それも当日までという事でバカ騒ぎへ気持ちを高めてきました。

そんなDECORATIONなんですが、今できることと言えば多分うりゃおいで間を埋めるくらいかと思います。 そんな時はフリコピするに限ります!

フリコピしてるとメンバーがしてることを細かく見ることになるんで「こんなフリをしていたのか!」と発見があったり、「コレ真似したら楽しそうだろうな」ってのが見えてきます。コールは無くても一緒にここでジャンプ出来たら盛り上がれるよなってのがあったり、「きっとファンに一緒にしてほしいなと思って作ったフリに違いない!」みたいなのも分かったりします。そういうのはメンバーもきっと喜ぶだろうなって思いながらフリコピです。

きっとメンバーはどんな風に応援してても喜んでくれるとは思いますが、 それでもやっぱり

踊る>体揺らす>ペンラ地蔵>地蔵

ってな順序で普通は喜んでくれるものだろうと想像が簡単にできます。なので踊るべきなんです。踊る阿呆はなんとやらです。

続きを読む

Juice=Juice @テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION

f:id:KEN_T:20170802173753j:plain
公式サイトより

毎年何かにつけて行ってる「テレビ朝日六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」(以下、サマステ)に今年はJuice=Juiceが登場。

メンバーがMCで言ってた前回2014年には僕も参加していて、「それ以来かぁ」とひとり思い返していました。

それまではモーニング娘。からの流れで、収録音源やハロステなどの映像でJuice=Juiceを見ている日々でした。一念発起で「生でライブを見てみようか」と行った2014年のサマステがきっかけで、本格的にJuice=Juiceを応援することになったのも同時に思い出しました。となるとファン歴も3年か。

MCでは他にブラックバタフライとMagic of Loveについても触れていました。 その時はブラックバタフライのリリース時期で、ブラックバタフライの全身黒い衣裳で出て、Magic of Loveを確かに披露していました。珍しく覚えているもんですね。

とひとり回想していましたが現在にもどりまして…

続きを読む

新曲BLAST!MV公開で思うこと

夏のバカ騒ぎ2017につながる新曲BLAST!のMVが公開になりました。

www.youtube.com

夏のバカ騒ぎのサブタイトルがFive the Color Road to 2020という事で東京オリンピックへのつながりも意識されています。

先駆けて公開されたMVにはその意気込みがすでに盛り込まれています。

卓球ダブルスの事務所にもっと推され隊(高城れに有安杏果)、フェンシングの玉井詩織、重量あげの佐々木彩夏、柔道の百田夏菜子。あーりんのみに若干のアイドル要素を持たせつつもどれも真剣な表情。

最近は大きくは言ってないが、東京オリンピックの開会式に出たいと言ったりしてきたももクロ。(2年ぶりに先日実施された炎の七番勝負の中で、(事務所から止められてる?)躊躇しながらもオリンピックに関わりたいと久々に言及。トークの相手の吉田沙保里さんは言い淀むメンバーに若干変な空気を感じていたような気もします)

僕らはこれまで大きな目標を掲げ、それをしっかりと達成してきたメンバーを見てきました。今では分かりやすい目標を掲げるフェーズは一段落して、笑顔で天下統一というのを目標に活動しています。東京オリンピック開催の盛り上がりを前に早くもももクロは東京オリンピックに関わりたいアピールの先陣を切ったと同時に新たな夢を再掲示したとも言えるでしょう。

面白いことを真剣にやることが多かった彼女らですが、今回はおちゃらけてずまっすぐに真剣に選手や大会を応援。そして最後のサビはメンバー笑顔のダンスショットで楽しく盛り上げる。オリンピックを盛り上げることにも、関わることにも私たちは真剣なんだというメッセージを受け取ることができます。

ライブ会場で聴くことになる我々ファンとしても手拍子したり叫んだり、サビでは踊ったりして楽しめる曲になっていそう。MVとともに初のパフォーマンス披露となる夏のバカ騒ぎが凄く楽しみです。


このブログの想定読者をどうしよう・・・おかげで記事の方向性がブレブレです;

BLAST!【初回限定盤A】

BLAST!【初回限定盤A】

BLAST!【初回限定盤B】

BLAST!【初回限定盤B】

BLAST!【通常盤】

BLAST!【通常盤】